借金時計で日本崩壊をカウントダウン

日本の借金がどれくらいあるのかを知るためのホームページとして有名サイトに『財部誠一 オフィシャルホームページ』『私の雑記帳』『財務省ホームページの「日本の財政を考える」』というサイトがあります。

これらのサイトでは借金時計とういページがあり、こちらで日本の借金が1秒間にどれくらい増えているかが目で確認することができます。2007年10月時点での日本の借金は『財部誠一 オフィシャルホームページ』を参考にすると約20万円ずつ増えており、770兆1600億円になっています。

私の雑記帳管理人が計算した日本の借金は、892兆6580億円で1秒間にやはり20万円程度ずつ増えています。

借金時計のなかには、日本の借金を自分自身の家庭がどれくらい請け負っているかもわかります。一つの家庭だけで日本の借金をすごい抱えていることがわかります。もしも4人家族ならその借金額は3000万円程度です。

また『私の雑記帳』管理人さんが作った借金時計の中には、北海道の借金時計・青森県の借金時計・秋田県の借金時計・岩手県の借金時計など全都道府県(大阪府. 京都府. 滋賀県. 三重県. 愛知県. 静岡県. 岐阜県. 長野県. 山梨県. 福井県. 石川県. 富山県. 新潟県. 神奈川. 東京都. 千葉県. 埼玉県. 群馬県. 栃木県. 茨城県. 福島県. 山形県. 秋田県. 宮城県. 岩手県. 青森県. 北海道など)のすべての都道府県の借金がわかります。

いくつかの都市の借金を見てみると、大阪府の借金は約6兆2000億円となっています。また東京都の借金は約12兆4000億円となっています。埼玉県の借金借金は3兆8000億円、埼玉県の借金で4兆5000億円です(100億円の位を四捨五入しています。)

北海道の借金は5兆7000億円、兵庫県の借金で3兆4000億円です。

そのまんま東として芸能活動もしていた東国原知事(ひがしこくばら知事ではなく、ひがしこくばる知事と読むそうです。)がいる宮崎県の借金は9000億円です。四国にある香川県の借金は8000億円です。

全体的に人口の多い都道府県が借金が多く、人口の少ない都道府県は借金が少ないようです。

ただ、最初に日本の借金がどれくらいあるのかを知るためのホームページとして『財務省ホームページの「日本の財政を考える」』がある、と説明しましたが、実際には多くのアクセスによりサーバーに負荷がかかったために、一時的に掲載をやめています。

サーバーに負荷がかかったために、一時的に掲載をやめています、と書きながらまだ財務省版の日本の借金時計は掲載していません。サーバー負荷による一時的な掲載取りやめが始まったのは、平成19年8月2日です。すでに2ヶ月以上が経っています。無料のホームページサーバーでも1日2日で対策がとられるのに、どうして日本最大権力のある政府関連のホームページの対応がここまで遅いのでしょうか。不思議です。

何か裏で財務省に対して政府が圧力かけて借金時計をストップさせたように感じます。ますます日本という国が信頼できなくなる状況です。

他の借金時計はスムーズに動いていますし、たかだか財務省のあるページにアクセスがある程度あったとしてもそれは限られています。少しアクセス数があったからといって、サーバーに負荷がかかるほどの日本の政府が利用しているホームページサーバーは駄目なのでしょうか。怪しすぎます。

『私の雑記帳』の管理人が作った全国都道府県の借金時計のアクセスカウンターを見ると約20万人と訪問者が少なすぎます。おそらく当サイト管理人の私とその仲間たちだけでアクセスカウンターを約5000アクセス(これは少し大げさです)程度増やしたので、実際はもっと少ないはずです。

ぜひもっと多くの日本国民に日本の膨大な借金の現状について知ってもらいたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ